2011年4月アーカイブ

子要素にposition:relativeを指定した場合に、親要素で指定したoverflow:hiddenが効かなくなる。

なので、親要素にposition:rerative;を指定すればOK

識別子、文字列または数がありません

 

var options = $.extend(

{
slides: ".slides",
prevId:'prevBtn',
prevText:'Previous',
easing:null , // ここのカンマがエラー

}, options);

 

みたいな時に、最後の「null」の後ろにカンマが入ってるのがアウト。

どこがダメなのかというと、「最後のクセに区切りやがって馬鹿者め」的なエラーとなる。

アーカイブ

ウェブページ

「紺屋の白袴」とはまさにこの事。見にくいしスマホ対応もまだしていません。そのうちやります。そのうちにね。

エフスタジオの中の人は株式会社メキメキに在籍しています。