2013年3月アーカイブ

WordPressで管理画面のCSSをいじる

 

/*  管理画面用のCSSを読み込ませる
===============================================*/

カテゴリ窓の高さを変えたいときなどはこんな感じで、CSSファイルを作成してfunction.phpで読み込ませる。

function admin_css() {
   echo '<link rel="stylesheet" type="text/css" href="'.get_bloginfo("template_directory").'/admin/admin.css">';
}
add_action('admin_head', 'admin_css');

 

/*  管理画面 投稿窓用のCSSを読み込ませる
===============================================*/

投稿時の見た目と実際の見栄えを合わせることができる。

add_editor_style('/admin/custom-editor-style.css');

顧客への納品時、バージョンアップしろとしつこいのが嫌な場合、function.phpに下記のソースを記述する

ネタ元はこちら
http://htdsn.com/blog/archives/wordpress-admin-customize.html

 

// バージョン更新を非表示にする
add_filter('pre_site_transient_update_core', '__return_zero');
// APIによるバージョンチェックの通信をさせない
remove_action('wp_version_check', 'wp_version_check');
remove_action('admin_init', '_maybe_update_core');

jQueryのカンタン構文のコピペメモ

******************************************
リストのストライプ 偶数行に「.even」を付与
※偶数は0開始なので、実際は奇数行。
※evenの反対は「odd」
******************************************

 

$(document).ready(function(){
// for stripe
 $(".stripe li:even").addClass("even");
});

 

 

******************************************
#moreをクリックしたら#areaBlockのクラスを変えてアコーディオン
******************************************

$(document).ready(function(){
// for more
$("#more").click(function(){
$("#areaBlock")
.slideDown()
.removeClass("close")
.addClass("open");
$(this).remove();
});
});

-------------

CSS

 

 .close{ display: none;}

******************************************

アーカイブ

ウェブページ