【C5】concrete5のメリットとデメリット

週刊concrete5 より、要旨をまとめてみた。

メリット

  • 直観的な操作 -- お客さんウケが良い
  • 他のCMSに比べてカスタマイズしやすい
     -- っていうか、もともとが企業サイト向けなのでカスタマイズする必要が薄い
  • イニシャルコストが安い -- これはWPも同じか(?)
  • 権限モードがデフォルトでついている
     -- 地味にクライアントから要望があるところ
     -- ガチな権限というより、「確認してから公開したい」程度の要望にも対応可能。
       -- 下書き保存&プレビュー機能が意外に便利
  • 「フルページキャッシュ」機能を使うと、静的HTML並みのパフォーマンス
  • 日本でもサポート体制が整っている。
  • アドオンなど、レビューチームによる審査を経ているので信頼できる。
     -- 企業サイトなどでも安心して使える。

デメリット

  • ブログ機能が弱い
     -- 有料のブロックをインストールすることで向上できるが、それでも弱い
     -- 新着情報をバンバン出すような企業サイトの場合は要注意
  • タブレットからの更新ができない (改善の努力中ではあるが)
  • ドキュメントが少ない(書く人が少ない)
     -- MTやWPはブログツールなので、「作る人=ブログを書く人」的な側面があるらしい。

違いを端的に

  • MTやWPはけっこうコーディングしないといけない = 左脳的
  • C5は最小限のコーディングで済まして、右脳を使って感覚的に構築することができる。

 

-----------------------------------
以下は個人の雑感

C5は小規模な企業サイトに向いているかもしれない。

WPの場合は、積極的に情報発信するサイトに向いている。C5は会社案内など固定ページの修正が主になるようなサイトということになるかも。(要検討)

アーカイブ

ウェブページ

「紺屋の白袴」とはまさにこの事。見にくいしスマホ対応もまだしていません。そのうちやります。そのうちにね。

エフスタジオの中の人は株式会社メキメキに在籍しています。