2015年1月アーカイブ

ユーザプロフィールを前面に出す「メンバー管理」的なサイトを作っているので、あれこれメモメモ

 

◆基本的な手法

管理画面のユーザ設定で、Advanced Custom Fieldsによりユーザプロフィールの内容をカスタマイズする

 

◆ユーザプロフィールのカスタムフィールドから値を抜く方法

http://www.advancedcustomfields.com/resources/how-to-get-values-from-a-user/

WordPress|Advanced Custom Fields の使い方

私も愛してやまないAdvanced Custom Fieldsの使い方を詳しく解説しているページを見つけたのでメモメモ。

私が愛してやまない、Advanced Custom Fields の使い方を詳細解説[ 出力編 ]

私が愛してやまない、Advanced Custom Fields の使い方を詳細解説[ 設定編 ]

 

デイトピッカーを使った場合に、日付を整形するには

$date = '2013-01-01 00:00:00';
echo date('Y/m/d', strtotime($date));
 

Advaced Custom Fiesds を使ってゴリゴリやるのが好きなんですが、複数のフィールドグループを使い、設定したものからドラッグアンドドロップで変更したときに、初期化する方法が見つかりませんでした。

今回、DBを直接いじって初期化したので手順をメモメモ。

「xxx_usermeta」テーブル から 目的のユーザIDの「meta-box-order_post」を探し、行ごと削除

これで初期化できました。

 

2か国語対応が必要となった。決定版といえる「qTranslate」が、作者の都合で更新が止まっているらしい。おまけにコイツはWordPressのアップデートで動かなくなる可能性が高いとのこと。

そこで「bogo」を試したので、いろいろと気がついたことをメモメモ。

----------------------

【中国語が勝手にデフォルトで有効になっている問題】

管理画面からの無効化はできない。[ wp-content / languages / ]の.moファイルを削除することで対応。

----------------------

【言語切り替えのソース】

ショートコード : [bogo]

php内 : <?php echo do_shortcode('[bogo]'); ?>

----------------------

日本語版のとき、「日本語/English」となってほしいのに「日本語/英語」となる。
設定変更するところが無いようなので、正規表現でごにょごにょして何とかした。

----------------------

メニュー項目や定型見出しなどは、英語訳の対照表を配列で作って、ロケールで切り替えるようにすると、訳を変更するときに一括でできるので便利。

----------------------

和英で単語を分岐させる自作関数

//function.php
function wordTrans($word_ja , $word_en){
  $locale = get_locale();
  if('en_US' == $locale ){ echo $word_en ;}
  else{ echo $word_ja ;}
};

//html

<?php wordTrans('和文単語' , 'English_Word'); ?>

 

----------------------

記事を複製するプラグイン「Duplicate Post」を使うと、相方となる翻訳記事の管理がダメになることがあるので注意が必要

----------------------

固定ページにquery_posts()を使うと、ロケールが日本語固定になってしまう(要検証)

----------------------

----------------------

----------------------

----------------------

アーカイブ

ウェブページ