WordPress|多言語化プラグイン「bogo」のメモメモ

2か国語対応が必要となった。決定版といえる「qTranslate」が、作者の都合で更新が止まっているらしい。おまけにコイツはWordPressのアップデートで動かなくなる可能性が高いとのこと。

そこで「bogo」を試したので、いろいろと気がついたことをメモメモ。

----------------------

【中国語が勝手にデフォルトで有効になっている問題】

管理画面からの無効化はできない。[ wp-content / languages / ]の.moファイルを削除することで対応。

----------------------

【言語切り替えのソース】

ショートコード : [bogo]

php内 : <?php echo do_shortcode('[bogo]'); ?>

----------------------

日本語版のとき、「日本語/English」となってほしいのに「日本語/英語」となる。
設定変更するところが無いようなので、正規表現でごにょごにょして何とかした。

----------------------

メニュー項目や定型見出しなどは、英語訳の対照表を配列で作って、ロケールで切り替えるようにすると、訳を変更するときに一括でできるので便利。

----------------------

和英で単語を分岐させる自作関数

//function.php
function wordTrans($word_ja , $word_en){
  $locale = get_locale();
  if('en_US' == $locale ){ echo $word_en ;}
  else{ echo $word_ja ;}
};

//html

<?php wordTrans('和文単語' , 'English_Word'); ?>

 

----------------------

記事を複製するプラグイン「Duplicate Post」を使うと、相方となる翻訳記事の管理がダメになることがあるので注意が必要

----------------------

固定ページにquery_posts()を使うと、ロケールが日本語固定になってしまう(要検証)

----------------------

----------------------

----------------------

----------------------

アーカイブ

ウェブページ