DNS切り替えでMXレコードを別にするなど

エックスサーバにウェブサイトを置き、お名前メールにメールサーバを置くという構成でDNS切り替えを行ったのであれこれメモメモ。

結論から書くと、ネームサーバはどこを使っても良くて、AレコードとMXレコードをしっかり分けてあれば大丈夫。

以下、箇条書きでメモ的に

  • お名前ドットコムの中に2種類のネームサーバがあるので混乱しやすいので注意。
    「01.dnsv.jp」と「dns01.gmoserver.jp」が別にある。
  • ネームサーバの選択肢はお名前の二つプラスエックスサーバで3つ
    • お名前メールのコンパネでは細かいDNS設定ができないので、このケースでは使わないほうが良い。
    • 今回はエックスサーバのネームサーバを使い、MXレコードを「mx00.gmoserver.jp」とする設定。
      (00は契約ごとに変わる数字)
  • なりすましメールを防止するためのspfレコードについてはエックスサーバのヘルプから。
  • お名前メールのメールサーバは「mx00.gmoserver.jp」で、00は契約ごとに変わる数字。popやsmtpを見て、そこに付加されている数字を入れればよい。

 

ちょっと便利なLookUp系ツールをメモ

アーカイブ

ウェブページ

「紺屋の白袴」とはまさにこの事。見にくいしスマホ対応もまだしていません。そのうちやります。そのうちにね。

エフスタジオの中の人は株式会社メキメキに在籍しています。