携帯サイトの最近のブログ記事

ケータイキットをざっくり説明

MT+ケータイキットでサイト構築するには、フツーに携帯用のHTMLを書けるのが前提。もちろん、MTタグを思い通りにかけるのは必須。

3キャリア対応できるソースを書けて、でも、3キャリア対応するためにあきらめてた部分がケータイキットで分岐させて実現できるって考え方が吉か。

あとはぶっちゃけ、<keitaikit>タグで全体をくるんでしまえば、画像変換、絵文字の変換といった地味な部分をフォローしてくれる。(ページ分割など細かいノウハウは別途)

このシステム、10万円はぼったくりと思いつつ、それだけのメリットあって、3キャリア対応の工数が10万円分以上は確実に減る。

当然ですが、MTタグの書き方などをそれ用に対応した上での話。
  • [高度な設定]画像変換用のPHPスクリプトのパスとURLを変更が必須
  • さらに「複数のサーバ」を選択

ただし、ソースの中にテストサバのURLが晒される。

対策としては、テストサバにベーシック認証かけること。

もう一つ、URLをルートから書くのも一つ

 

なお、本番へのミラーリングテスト時には、画像のキャッシュに要注意。
※キャッシュが残っていると、エラーなのにエラーが出ないときがある。

MT4.28
ケータイキット1.60

ケータイキットでの画像サイズ指定

<img src="xxx" width="80%">

みたいに画面サイズに対して%指定するのが良い感じ。

ケータイキットがそれに合わせて画像を作ってくれる。

アーカイブ

ウェブページ