Flashの最近のブログ記事

ファッション系など、これまでFlashバリバリで作成されていたサイトでjqueryなどに置き換えたいという要望が増えている。この場合、デザイン優先になるために、既存のライブラリをそのまま流用することが難しいことが多い。

結果、複数のライブラリを流用して組み立てて、オリジナルのライブラリを作成することになるが、この際、IE6・7がかなりのネックになる。

お客様に迫るべき選択肢は3つ。

  1. 機能的な部分を重視するなら、「プログレッシブエンハンスメント」という考え方を理解してもらい、IE6・7についてはある程度あきらめてもらう。
  2. クロスブラウザでの見栄えを重視するなら、Flashでの制作にとどまってもらう。
  3. どうしても両立したいなら、十分な予算と製作期間を準備してもらう。(お客様にはボッタクリに見えるかも)

1番の場合でも、IE6/7でもそれなりの見栄えを保証するためには、モダンブラウザについても機能的に制限が出てくることを事前に説明する必要あり。

3番の場合、プログラマを最低一週間は拘束できるだけの予算とすれば、1ライブラリで20万以上? 現実的な金額ではないなぁw

 

Flashの場合、Flash Playerというベースに乗っかるのでどのブラウザでも挙動は同じ。、一方、jqueryなどのAjaxもいちおうはそれがベースになって各ブラウザでの挙動をある程度統一してくれることにはなっている。が、実際にはIE6などにはどうしても対応しきれていないのが現実。また見栄えの部分で結局はCSSでの調整なので、クロスブラウザ対策の手間はけっこう大きい。

これを踏まえて、Flashの延長線上でAjaxへ踏み込むと痛い目にあいますよと、、Ajaxなりの表現方法という意識をもってデザインや動作の仕様を詰めていきましょう、というのが吉。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちFlashカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはFireworksです。

次のカテゴリはIllustratorです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

エフスタジオの中の人は(株)メキメキに勤めています。