検索エンジン対策の最近のブログ記事

【concrete5】タイトルタグの調整

concrete5は標準で「ページ名 :: サイト名」となるが、ほぼほぼ変更したくなるので方法をメモメモ。
※5.7以降のモダンバージョンが対象

----------

【システム上で表記方法を変更】

全体を「ページ名|サイト名」という体裁に変更したい場合。

コアファイル /application/config/generated_overrides/concrete.php を
オーバライド /application/config/concrete.php にコピーして記述する
※変更する部分だけ記述すること

タイトルの体裁だけなら
return [
    'seo' => array( 'title_format' => '%2$s | %1$s'),
];

その他にもいろいろ設定を変更できるので下記を参照
https://concrete5-japan.org/help/5-7/recipes/config?

 

----------

【特定ページだけタイトルを変更】

そのページの歯車マーク「設定」から「SEO」へ進み、「METAタグタイトル」を入力すればOK。
HOMEなどはこれで変更すると良い。

Googleアナリティクスを設置するさい、タグマネをどうしようかいつも考えてしまうので、自分なりの判断基準をメモメモ。

-----

【考え方】

自分だけが管理するサイトなら、とりあえずタグマネを使ってアナリティクスを設置しておけば間違いないのだけれど、クライアントワークで結局はアナリティクスしか使わないのにタグマネにすると混乱のもと。なので、便利と思っても無駄にタグマネは入れない方向で。

もし後でマーケティング用の何かのタグを入れることになったら、その時にタグマネに移行しても良い。

-----

【切り分け】

◆一般的なコーポレートサイトではアナリティクスを直接設置。

◆販売やサービスなどで活発なマーケティングが必要なサイトであればタグマネで設置。

※いずれの場合も、クライアントの要望があればそれに従う。
※ぶっちゃけどっちでも後から移行できるし、ひと手間省けるだけで、アホみないに変わるわけでもない。

ドメインが変わる時、リニューアルでURLが変わる時の.htaccessへの記述方法をメモメモ。

 

◆引っ越しなどで恒久的なリダイレクト(301リダイレクト)

  • サイト全体をリダイレクトする場合
    Redirect permanent / 移転先URL
  • 特定のページをリダイレクトする場合
    Redirect permanent /転送元URL 転送先URL

 

◆メンテナンスなどのための一時的なリダイレクト(302リダイレクト)

  • サイト全体をリダイレクトする場合
    Redirect temp / 移転先URL
  • 特定のページをリダイレクトする場合
    Redirect temp /転送元URL 移転先URL

 

※転送元URLは.htaccess起点のパス
※転送先URLはhttp://からのURL

 
もしmod_rewriteが使えるサーバーなら、RewriteEngine~を使ったリダイレクトで特定のブラウザだけをリダイレクトするといった複雑な条件指定も可能。

クロール申請のURL

ググるとすぐに出てはくるんだけど、けっこう頻度が高いのでメモメモ。

Google
https://www.google.com/webmasters/tools/submit-url?hl=ja

Bing
http://www.bing.com/toolbox/submit-site-url

アーカイブ

ウェブページ