全般・ざっくり系の最近のブログ記事

Googleアナリティクスを設置するさい、タグマネをどうしようかいつも考えてしまうので、自分なりの判断基準をメモメモ。

-----

【考え方】

自分だけが管理するサイトなら、とりあえずタグマネを使ってアナリティクスを設置しておけば間違いないのだけれど、クライアントワークで結局はアナリティクスしか使わないのにタグマネにすると混乱のもと。なので、便利と思っても無駄にタグマネは入れない方向で。

もし後でマーケティング用の何かのタグを入れることになったら、その時にタグマネに移行しても良い。

-----

【切り分け】

◆一般的なコーポレートサイトではアナリティクスを直接設置。

◆販売やサービスなどで活発なマーケティングが必要なサイトであればタグマネで設置。

※いずれの場合も、クライアントの要望があればそれに従う。
※ぶっちゃけどっちでも後から移行できるし、ひと手間省けるだけで、アホみないに変わるわけでもない。

SSHを使うと「ココが便利」のポイント

SSH(通称「黒い画面」)を他人に勧めるのに漠然としていると伝わらないので、実際に便利だったポイントをメモメモ。

-----------------------------------

MTやconcrete5などのアップロード

  • zipのままでFTPソフトでアップロード
  • SSHでunzip
  • SSHでmvかけて正しいディレクトリに収める

アップロード自体はFTPソフトでやるんだけど、圧縮されたzipのままでアップすると10秒程度でできる。
特にMTやconcrete5は解凍するとファイル数が多いので有効。

-----------------------------------

WordPressのバックアップ&アップグレード

  • SSHでwordpressフォルダを適当な名前でcp
  • phpMyAdminでDBをダンプ
  • WordPress管理画面から「アップデート」をポチる
  • 確認して問題なければ終了

WordPressのファイルバックアップをFTPでローカルに落としていたが、要は元に戻せれば良いのでサーバ上にコピーを作成だけでOK。
今まで15~20分かかっていたFTPバックアップが15~20秒で済むようになった。

-----------------------------------

-----------------------------------

-----------------------------------

vimeoへのアップロードはDropboxが便利

動画サイトvimeoはパスワードで関係者だけに制限できるので便利。楽にアップする方法に気がついたのでメモメモ。

アップロードするときには、Dropboxを経由すると楽ちん。まずは自分のDropboxにアップしておいて、vimeoを操作すると複数のファイルをアップするのがとても楽にできる。

元ネタはこちら

http://vox.nevnum.com/%E3%80%90%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%80%91google-map%E3%81%AB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%92%E5%BC%B5%E3%82%8B%E9%9A%9B%E3%81%AE%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%BF/

 

主なところを下記にピックアップ

座標を指定する
https://maps.google.co.jp/maps?ll=35.669029,139.705421

ズーム倍率を指定する
https://maps.google.co.jp/maps?ll=35.669029,139.705421&z=15

キーワード検索の指定
https://maps.google.co.jp/maps?q=%83%89%83t%83H%81%5b%83%8c%8c%b4%8fh

地図表示を切り替える
https://maps.google.co.jp/maps?ll=35.669029,139.705421&t=k

・t=m(デフォルト)
・t=k(航空写真)
・t=h(航空写真+ラベル)
・t=p(地形)

 

--------------------------------------
こちらもまとまっていて見やすい

Google Mapsを使ってみよう
http://www.shurey.com/html/googlemaps.html

Facebook|Page Pluginの設定方法をメモ

ライクボックスやら何やらが「Page Plugin」にまとめられるようなので、設置方法をメモメモ。

元ネタ:http://nelog.jp/how-to-use-facebook-page-plugin

 

要するに、https://developers.facebook.com/docs/plugins/page-plugin にアクセスしてごにょごにょすると埋め込みソースをゲットできる。

SSD換装したのでメモメモ

HDDをSSDに換装した。かなり簡単だったけれどいくつかのポイントもあったのでメモメモ。

 

【換装手順】

  1. SSDを買ってくる
  2. HDDをSSDにクローンコピー
  3. PCをばらして換装する

以上これだけ。

 

【SSDの規格】

  1. まず、SSDはシリアルATAなので、換装前のHDDをチェック。
    (よほど旧型でなければ大丈夫とは思うけど)
  2. デスクトップ用の3.5型 or ノート用の2.5型かをチェック
  3. ノート用2.5型なら、厚み7mm or 9mm かをチェック

細かいことを抜きにすればこれだけチェックしておけばOKらしい。

【クローンコピーのツール】

今回使用したのは「EaseUS Todo Backup Free 8.2 」。
有料ツールの無料簡易版だが、クローン機能が無料版にもついている。

【SSDを認識しなかった問題】

クローンコピーのために外付けディスクとしてSSDをUSB接続したところ、認識しなかった。
フォーマットされていないのが原因らしい。

「PC」右クリックからディスク管理あたりをごにょごにょしたら、下のレベルでは認識していたのでそこからフォーマットかけてめでたく認識成功。

【感想】

手順も簡単で「とほほ」状態になりにくい印象。
SSDの価格も512MBで2万ちょいとこなれてきたので、ぜひおすすめ。
イラレが「3.2.1ポン」で立ち上がるのにはむちゃくちゃ感動。

【vistaなど古いマシンでの注意】

フォーマットの際に「MBR(マスターブートレコード)」としてフォーマットすること。GPTだとディスクとしては認識されてもブート用としては認識されない。

 

IllustratorでWeb向けの作業を行う

元記事はこちら
http://www.dtp-transit.jp/adobe/illustrator/post_1160.html

 

  1. カラーモードをRGBに([ファイル]メニューの[ドキュメントのカラーモード]→[RGB])
  2. 単位をピクセルに(環境設定の[単位]タブ、またはルーラー上でcontrol+クリック)
  3. ピクセルプレビューをオンに([表示]→[ピクセルプレビュー])
  4. ピクセルグリッドに整合をオンに([変形]パネルのパネルメニュー内の[新規オブジェクトをピクセルグリッドに整合]にチェックをつける)
  5. ラスタライズ効果設定で解像度を72dpiに([効果]→[ドキュメントのラスタライズ設定])
  6. 環境設定の[キー入力]を「1px」に設定

ファッション系など、これまでFlashバリバリで作成されていたサイトでjqueryなどに置き換えたいという要望が増えている。この場合、デザイン優先になるために、既存のライブラリをそのまま流用することが難しいことが多い。

結果、複数のライブラリを流用して組み立てて、オリジナルのライブラリを作成することになるが、この際、IE6・7がかなりのネックになる。

お客様に迫るべき選択肢は3つ。

  1. 機能的な部分を重視するなら、「プログレッシブエンハンスメント」という考え方を理解してもらい、IE6・7についてはある程度あきらめてもらう。
  2. クロスブラウザでの見栄えを重視するなら、Flashでの制作にとどまってもらう。
  3. どうしても両立したいなら、十分な予算と製作期間を準備してもらう。(お客様にはボッタクリに見えるかも)

1番の場合でも、IE6/7でもそれなりの見栄えを保証するためには、モダンブラウザについても機能的に制限が出てくることを事前に説明する必要あり。

3番の場合、プログラマを最低一週間は拘束できるだけの予算とすれば、1ライブラリで20万以上? 現実的な金額ではないなぁw

 

Flashの場合、Flash Playerというベースに乗っかるのでどのブラウザでも挙動は同じ。、一方、jqueryなどのAjaxもいちおうはそれがベースになって各ブラウザでの挙動をある程度統一してくれることにはなっている。が、実際にはIE6などにはどうしても対応しきれていないのが現実。また見栄えの部分で結局はCSSでの調整なので、クロスブラウザ対策の手間はけっこう大きい。

これを踏まえて、Flashの延長線上でAjaxへ踏み込むと痛い目にあいますよと、、Ajaxなりの表現方法という意識をもってデザインや動作の仕様を詰めていきましょう、というのが吉。

ケータイキットをざっくり説明

MT+ケータイキットでサイト構築するには、フツーに携帯用のHTMLを書けるのが前提。もちろん、MTタグを思い通りにかけるのは必須。

3キャリア対応できるソースを書けて、でも、3キャリア対応するためにあきらめてた部分がケータイキットで分岐させて実現できるって考え方が吉か。

あとはぶっちゃけ、<keitaikit>タグで全体をくるんでしまえば、画像変換、絵文字の変換といった地味な部分をフォローしてくれる。(ページ分割など細かいノウハウは別途)

このシステム、10万円はぼったくりと思いつつ、それだけのメリットあって、3キャリア対応の工数が10万円分以上は確実に減る。

アーカイブ

ウェブページ