2013年8月アーカイブ

オススメするべきサーバまとめ

お客様の条件によって、ロリポップも選択肢に入れてきたが、WordPressを前提とするなら、アップグレードのバックアップでSSHが使えないのがけっこう痛い。

あれこれ理由も含めて忘れないようにメモメモ。

------------------------------

基本的にオススメするのは、さくらインターネット。

スタンダード以上でSSHが使えて、スタンダードなら月額500円ということで、かなり割安感が強い。

ってことで、さくらで決まりでいいんじゃないだろうか?

------------------------------(2013.08.06現在)

さくらの格安プランでは不安があるという場合にはCPIもオススメ。

オマケだが、パートナーになっているとマージンも入るので制作会社には嬉しい。

ただ、CPIのウリのひとつ「スマートリリース」機能は、WordPressの場合は意外と面倒。公開前にDB内のURLを書き換える必要があり、本番環境上で別ディレクトリを切って制作するほうが効率的。

スマートリリースの最大のメリットは、プログラムものの場合に、まったく同一の環境でテストできるところか。

------------------------------(2013.08.09追記)

WordPressをアップグレードする際にはDBとサーバ内ファイルをバックアップする必要がある。このうちサーバ内ファイルをバックアップするのに、FTPダウンロードしていたが時間がかかりすぎる。

要はアップグレードしてヘグった時に元に戻せれば良いので、この部分をSSHでサーバ内にコピーすることにした。

以下はその手順メモ。

  1. TeraTermでSSH接続
    http://support.sakura.ad.jp/manual/rs/others/ssh.html
  2. ディレクトリをコピー
    http://www.jitaku-server.net/basic_command.html
    http://www.leosv.jp/manual/ssh2.html
  3. データベースをローカルにDL
  4. WordPress管理画面からアップグレードのボタンをポチる。
  5. 確認して問題がなければ終了
    (-- 問題があればバックアップから元にもどす)

 

逆引きUNIXコマンド

http://linux.just4fun.biz/%E9%80%86%E5%BC%95%E3%81%8DUNIX%E3%82%B3%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%89.html

 

アーカイブ

ウェブページ